北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞と国営朝鮮中央通信は、9日に行われた平昌冬季五輪の開会式と、同五輪に合わせて訪韓した高位級代表団の動向を詳しく伝えた。

同代表団は金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長が団長を務め、金正恩党委員長の妹・金与正(キム・ヨジョン)党中央委員会第1副部長が団員として加わっている。

平昌五輪の開幕を大きく伝えた北朝鮮の労働新聞の紙面(2018年2月10日付)
平昌五輪の開幕を大きく伝えた北朝鮮の労働新聞の紙面(2018年2月10日付)

労働新聞は10日付で14枚の写真を使い、開会式と同代表団の動きを大きく報じた。

また朝鮮中央通信は開幕式で「金与正党第1副部長は文在寅大統領夫妻と握手し、温かいあいさつも交わした」とするなど、南北の友好ムードを強調している。

一連の動向を伝えた朝鮮中央通信の記事全文は次のとおり。

第23回冬季オリンピック競技大会が開幕

【平壌2月10日発朝鮮中央通信】第23回冬季オリンピック競技大会が、南朝鮮の平昌で開幕した。

開幕式が9日、平昌オリンピック競技場で行われた。

朝鮮高位級代表団団長である最高人民会議常任委員会の金永南委員長と朝鮮労働党中央委員会の金與正第1副部長が、式場のひな壇の席についた。

開幕式には、わが高位級代表団員と民族オリンピック委員会代表団、芸術団、応援団、そして総聯(朝鮮総聯)の応援団が参加した。

南朝鮮の文在寅大統領と政界、社会界の人士、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長、各国国家および政府首班、外国ゲスト、スポーツファンが開幕式に参加した。

大会に参加した各国・地域の選手、役員が入場した。

「アリラン」の歌のメロディーが鳴り響く中、統一旗を先頭に北と南の選手が入場すると、歓呼と拍手喝采が上がった。

金永南、金與正の両氏、文在寅大統領夫妻が立ち上がって手を振り、北と南の選手にあいさつを送った。

開幕式の参加者は、朝鮮地図が描かれた統一旗を手にして共に行進する北と南の選手を熱く激励した。

大会組織委員会委員長と国際オリンピック委員会会長の祝辞の後、文在寅大統領が大会の開幕を宣言した。

オリンピック賛歌が流れる中、オリンピックの旗が掲揚され、オリンピック宣誓が行われた。

続いて、大会ののろしを上げる儀式が行われた。

開幕式に先立って、北南テコンドー選手の模範出演があった。

この日、金與正党第1副部長は文在寅大統領夫妻と握手し、温かいあいさつも交わした。

大会は、25日に閉幕する。---

金永南委員長が文在寅大統領に会う

【平壌2月10日発朝鮮中央通信】朝鮮の高位級代表団団長である最高人民会議常任委員会の金永南委員長が9日、第23回冬季オリンピックの開幕式を控えて行われた歓迎行事に参加して南朝鮮の文在寅大統領に会った。

金委員長は、文大統領と温かいあいさつを交わし、記念写真を撮った。

また、歓迎行事の場で今回のオリンピックの開幕式に参加するために来た諸国の国家および政府首班ともあいさつを交わした。---

朝鮮高位級代表団が南朝鮮に到着

【平壌2月9日発朝鮮中央通信】朝鮮最高人民会議常任委員会の金永南委員長を団長とする朝鮮高位級代表団が、第23回冬季オリンピックの開幕式に参加するために9日、南朝鮮に到着した。

高位級代表団を乗せた朝鮮政府飛行隊専用機「チャンメ2」号機は13時15分頃、仁川国際空港に着陸した。

金永南と金與正の両氏をはじめとするわが高位級代表団員を空港で、統一部長官趙明均氏をはじめ関係者が迎接した。

金永南と金與正の両氏は、貴賓室で南側迎接メンバーと歓談した後、高速列車に乗って冬季オリンピックの開幕式が開かれる平昌に向かって出発した。---

朝鮮高位級代表団が第23回冬季オリンピック開幕式の参加へ

【平壌2月9日発朝鮮中央通信】朝鮮最高人民会議常任委員会の金永南委員長を団長とする朝鮮高位級代表団が第23回冬季オリンピックの開幕式に参加するために9日、平壌を出発した。

高位級代表団は、朝鮮労働党中央委員会の金與正第1副部長と国家体育指導委員会の崔輝委員長、祖国平和統一委員会の李善権委員長、随行員で構成されている。

朝鮮人民軍軍種儀仗隊が、ターミナル前の停留場に整列していた。

金永南委員長は儀仗隊第1副隊長の迎接報告を受けた後、朝鮮人民軍軍種儀仗隊を査閲した。

高位級代表団を乗せた政府飛行隊専用機「チャンメ2」号機は、平壌国際空港から12時30分ごろ離陸した。---

    関連記事