平昌冬季五輪に合わせて韓国で公演を行う北朝鮮芸術団の先発隊23人が5日午前11時半ごろ、ソウル北方の都羅山(トラサン)にある南北出入事務所から韓国入りした。

北朝鮮はこれに先立ち同日、芸術団の本体について、6日に貨客船・万景峰(マンギョンボン)92号で訪韓すると韓国に通知した。韓国統一省が明らかにした。北朝鮮は同船を芸術団の寝食用にも利用する意向だという。

同船は2002年に韓国・釜山で開催されたアジア大会の際にも、北朝鮮応援団の移動と宿泊に使用された。

その後、韓国は2010年3月に起きた海軍哨戒艦「天安」撃沈事件を受け、報復として北朝鮮に対する制裁措置(5・24措置)を実施。これにより、北朝鮮船舶の韓国海域航行は禁止された。北朝鮮が今回、万景峰92号を使用するためには、韓国政府が例外措置を講じる必要がある。

ちなみに、北朝鮮の核・ミサイル開発を巡る国際社会の一連の制裁措置では、同船自体はその対象とされておらず、韓国の独自制裁の対象でもないとされる。

三池淵管弦楽団の約140人からなる北朝鮮芸術団は8日夜に江陵(カンヌン)アートセンターで、11日夜にソウルの国立劇場で公演を行う。

    関連記事