韓国統一省によると、北朝鮮は29日午後10時10分頃、平昌冬季五輪に合わせて2月4日に金剛山で開くことで合意していた南北合同文化行事を中止する方針を韓国側に通知した。

北朝鮮は中止の理由について、韓国メディアが平昌五輪に対して北朝鮮が取っている真摯な措置を冒とくする世論を広げているため、などと説明しているという。

これに対し、韓国政府は強い遺憾の意を表明。また、南北が相互尊重と理解の精神に基づき、合意事項は必ず履行しなければならないと強調した。