北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は29日、トランプ米政権が掲げる「米国優先主義(米国第一主義)」を「自らを孤立と滅亡のどん底に追い込む戦争優先主義である」と非難する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

トランプ米大統領は就任以来、自国の利益を最優先とする米国第一主義を基にした政策を進めている。

論評は、米国第一主義は、「その覇権主義的属性から世界の平和を破壊し、自らを孤立と滅亡のどん底に追い込む戦争優先主義である」「政治的、経済的に自らを孤立へ追い立てる極端な国家利己主義である」と非難した。

また、「世界の至る所で悪の帝国の滅亡を促す強い触媒剤になっている」とし、「同盟者、手先まで苦境に追い込み、西側の経済全般にも混乱をきたしている」と指摘した。

さらに、「米国優先主義という侵略と略奪のこん棒を振り回す悪の帝国が国際社会から叩かれるのは、因果関係の法則から見ても当然な理である」と主張した。

その上で、「全てが米国のために存在すべきだというヤンキー式覇権論理『米国優先主義』は、政治、経済、軍事、外交の各方面で悪の帝国の孤立と破滅を促進している」と述べた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 「米国優先主義」は悪の帝国の孤立と破滅を促進している

【平壌1月29日発朝鮮中央通信】29日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、「米国優先主義」は国際関係における不平等と人種差別を固執し、米国を孤立と破滅へ追い立てる排外主義的教理であり、その覇権主義的属性から世界の平和を破壊し、自らを孤立と滅亡のどん底に追い込む戦争優先主義であると主張した。

また、政治的、経済的に自らを孤立へ追い立てる極端な国家利己主義であると明らかにした。

同紙は、他の国と民族の自主権と生存権、発展権を踏みにじることを正当化する強盗さながらの侵略教理「米国優先主義」は、世界の至る所で悪の帝国の滅亡を促す強い触媒剤になっているとし、次のように指摘した。

世界を犠牲にしてでも自分だけ豊かに暮らせばよいという「米国優先主義」は、同盟者、手先まで苦境に追い込み、西側の経済全般にも混乱をきたしている。

強権と独断を振るって世界を弱肉強食の乱舞場に作ろうとする「米国優先主義」は、国際社会の糾弾・排撃を免れずにいる。

世界に向かって「米国優先主義」という侵略と略奪のこん棒を振り回す悪の帝国が国際社会から叩かれるのは、因果関係の法則から見ても当然な理である。

全てが米国のために存在すべきだというヤンキー式覇権論理「米国優先主義」は、政治、経済、軍事、外交の各方面で悪の帝国の孤立と破滅を促進している。---

    関連記事