北朝鮮国営の朝鮮中央通信は26日付で、北朝鮮の景勝地・金剛山(クムガンサン)での合同文化行事開催と平昌冬季五輪に向けた馬息嶺(マシンリョン)スキー場での合同練習実施の準備のため北朝鮮入りした韓国先発隊の動きを写真とともに伝えた。

同通信の記事は、朝鮮労働党機関紙・労働新聞(27日付)にも掲載された。

先発隊は23日午前に陸路で北朝鮮入りし、25日まで各施設を視察した。

同通信の記事全文は次のとおり。

南側の先発隊が北側地域を訪問

【平壌1月26日発朝鮮中央通信】去る17日に行われた北南実務会談の合意に従って、リ・ジュテ統一部局長ら12人で構成された南側の先発隊が23日から2泊3日の日程でわが方の(北側)地域を訪問した。

先発隊は、第23回冬季オリンピックを控えて、北南スキー選手の共同訓練と北南合同文化行事が行われる馬息嶺スキー場と金剛山地区などを見て回った。---

    関連記事