来月開催の平昌冬季五輪で韓国と南北合同チームを構成する北朝鮮のアイスホッケー女子選手団15人と、競技場などを視察するための先発隊8人が25日午前、陸路を通じて韓国入りした。

南北合同チームは、韓国選手23人と北朝鮮選手12人で構成される。登録選手は上限を超える計35人となるが、試合に出場できる選手は規定通り22人。北朝鮮選手は3人が出場する。

先発隊は27日に北朝鮮へ戻る。