北朝鮮の朝鮮記者同盟中央委員会部長のキム・チョルグク氏が15日、現在行われている南北対話をめぐる韓国メディアの報道を非難する論評を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮は、韓国で来月9日から開かれる平昌(ピョンチャン)冬季五輪に、選手団に加えて応援団や芸術団を派遣すると表明している。韓国メディアは、北朝鮮の対話姿勢について、米韓関係にくさびを打つ狙いがあるなどと伝えている。

論評は、韓国メディアの報道に対して、「荒唐無稽なたわごともためらわずに吐いている」とし、「互いに競争でもするかのように同族に対する非難の種を探して記事につくりながら奔走する保守メディアの醜態は、全世界が喜ぶ北南関係の雰囲気に水を差す故意の妄動だと言わざるを得ない」と非難した。