韓国政府は12日、北朝鮮の平昌冬季五輪参加を巡る実務会談を15日午前10時から板門店の韓国側施設「平和の家」で開催することを北朝鮮に提案した。統一省が明らかにした。

実務協議では北朝鮮が派遣する高位級代表団や応援団、芸術団などの規模や入国ルート、宿舎、経費の負担方法などについて話し合われるもようだ。開会式での合同入場や共同応援、合同チームの結成などに関する協議も行われる可能性がある。