北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は11日、北朝鮮と韓国は「決心すれば十分朝鮮半島で戦争を防止し、緊張を緩和していくことができる」とする署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

朝鮮半島の問題は、あくまでも民族内部の問題であり、米国をはじめとする外部勢力を排除しなければ解決できないと強調した。

論説は、「朝鮮半島で軍事的緊張を解消し、戦争の危険を取り除くのは民族の団結と祖国の統一を成し遂げるための重要な問題として提起されている」と述べた。