北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は10日、「軍事大国化は海外侵略野望の実現に狂奔する日本の目標」とする署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

日本の防衛省は、「いずも型」護衛艦を米海兵隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Bが離着艦できるように改修することを検討している。また、日本政府は防衛相直轄の統合組織を創設し、サイバー防衛隊や宇宙部隊を置く予定だ。さらに、長距離巡航ミサイルの国産化を実現することを検討している。

こうした動きに対して論評は、「海外膨張の野望をなんとしても実現してみようとする危険極まりない妄動だと言わざるを得ない」と糾弾した。