北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は10日、「軍事大国化は海外侵略野望の実現に狂奔する日本の目標」とする署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

日本の防衛省は、「いずも型」護衛艦を米海兵隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Bが離着艦できるように改修することを検討している。また、日本政府は防衛相直轄の統合組織を創設し、サイバー防衛隊や宇宙部隊を置く予定だ。さらに、長距離巡航ミサイルの国産化を実現することを検討している。

こうした動きに対して論評は、「海外膨張の野望をなんとしても実現してみようとする危険極まりない妄動だと言わざるを得ない」と糾弾した。

また、「軍事大国化は海外侵略野望の実現に狂奔する日本の目標」とし、「日本反動層の基本目標は任意の時刻、任意の地域で侵略的軍事作戦を意のままに繰り広げられる能力を備えることである」と指摘した。

さらに、「自分らの侵略史を美化、粉飾するのに熱を上げている国が再侵略の道に出る場合、人類にどんなに恐ろしい惨事を浴せかけるかというのは難なく推測することができる」と強調した。

その上で、日本の動きを阻止しなければ、「北東アジアと、ひいては世界の平和と安全、人類の文明発展に重大な結果を及ぼしかねず、人類はまたもや恐ろしい災難を被るようになるであろう」と述べた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 海外侵略策動へ疾走する日本の反動層

【平壌1月10日発朝鮮中央通信】外信報道によると、今、日本はステルス機能を備えた米軍のF35B戦闘機を搭載するためにヘリ護衛艦いずも号を改造することを計画しているという。

一方、防衛省と「自衛隊」内に宇宙およびサイバー空間と電子戦を担当する部隊を総括指揮する上級部隊を新たに設けることを画策している。

現在、日本政府内では敵の基地に対する攻撃能力が可能な長距離巡航ミサイルの「国産化」が検討されており、過去の最大となる天文学的金額の防衛予算にも満足せず、米国製防衛装備品の導入に莫大な資金が蕩尽(とうじん)されている。

10日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、これは海外膨張の野望をなんとしても実現してみようとする危険極まりない妄動だと言わざるを得ないと糾弾した。

同紙は、軍事大国化は海外侵略野望の実現に狂奔する日本の目標であり、日本反動層の基本目標は任意の時刻、任意の地域で侵略的軍事作戦を意のままに繰り広げられる能力を備えることであると暴露した。

また、日本の海外侵略は仮想ではなく厳然たる現実になっているとし、次のように強調した。

20世紀に働いた過去の罪悪をいまだに清算していない国が、むしろ自分らの侵略史を美化、粉飾するのに熱を上げている国が再侵略の道に出る場合、人類にどんなに恐ろしい惨事を浴せかけるかというのは難なく推測することができる。

日本の反動層が軍国主義的亡霊を復活させ、海外侵略策動へ疾走していることを断固と阻止、破たんさせなければ、北東アジアと、ひいては世界の平和と安全、人類の文明発展に重大な結果を及ぼしかねず、人類はまたもや恐ろしい災難を被るようになるであろう。---

    関連記事