北朝鮮の携帯端末に埋め込まれた「監視ソフトウェア」の正体

韓国統計庁が昨年末に発表した「北朝鮮主要統計指標」によれば、2016年の時点で携帯電話を使用している北朝鮮国民は361万人で、前年より37万人増えた。

一方、米国の国際マーケティンググループ「We are social」とカナダのIT企業「Hootsuite」によると、2017年3月時点の北朝鮮の携帯電話加入者数は370万人だという。また、韓国の国家情報院は今年8月、北朝鮮で使われている携帯電話の数を470万台と明らかにしている。どれも推計だが、だいたい400万人前後、北朝鮮国民(2500万人)の6人に1人くらいが携帯電話を使用していることになる。

世界最悪の監視国家である北朝鮮でこれほど携帯電話の普及が進むとは、意外に思う人は少なくないのではないだろうか。これほどの数の携帯電話を、すべて盗聴するのは不可能だ。体制に都合の悪い情報が携帯電話でやり取りされても、それを当局がキャッチするのは困難だろう――と、思いきや、やはり北朝鮮当局はそれほど甘くなかった。

LINEを警戒

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は先月、北朝鮮の携帯端末にユーザーの使用動向を監視するためのソフトウェアが搭載されている事実と、その機能について報じた。北朝鮮の携帯端末に当局が仕掛けをしていることは以前から指摘されていたが、その具体的な機能が紹介されたのは、おそらくこれが初めてだ。

    関連記事