北朝鮮は朝鮮労働党の機関紙<労働新聞>を発行し、党員と党の組織に配布する。<労働新聞>が主に扱う内容は金日成と金正日父子の思想と党の政策及び国際情勢などだ。

1面には金父子の偉大性の宣伝、著書や老作などを掲載し、2面には党の幹部の活動、党の組織の事業などを載せる。3面と4面には行政事業と’模範事例’として、住民たちに宣伝するに値する人々、いわゆる’隠れた英雄’の話が載せられる。5面には韓国の情勢と北朝鮮に関わる団体などの’闘争の消息’、6面には国際ニュースと情勢分析などを載せる。

‘党の唯一思想体系の確立’ 以後、<労働新聞>をむやみに扱うことができないようにする条項が作られた。住民が<労働新聞>を裂いたり、勝手に処分することができないように、厳格に規制した。その時から<労働新聞>は金日成を神的存在に崇拝する道具になった。収買所で処分する時も、<労働新聞>は別に分類した。金日成や金正日の写真はすべてきれいに切り取り、別に保管した後、出さなければならなかった。それほどの状況だったので、金日成や金正日の一党独裁体系を確立した時期には、住民が<労働新聞>でタバコを巻いて吸ったり、品物を包装するのに使ったら、それ自体が非常事件だった。

没落しはじめる‘金日成教’

金日成の死後、北朝鮮では金父子の崇拝に対する疑問が生じ、金正日に対する信頼度がかなり下落した。それは北朝鮮の住民の中に蔓延した、迷信に近い個人崇拝に対する、革新的な変化だった。‘金日成教’の教祖、金日成が永遠に生きると思われ、永遠に生きると宣伝した労働党の教育が荒唐無稽なものであることが分かってきた。北朝鮮の住民の間には、“首領も人なので死んだし、私たちも人なのに、同じ人間として何の差があるのか?” という認識が広まり、神格化された金父子の虚像にひびが入り始めたのだ。

<労働新聞>は韓国の紙に比べて、ずっと質が落ちるが、‘良い面’もある。北朝鮮の劣悪な経済状況のため、タバコ工業も情けない状況なのに、市民はたばこを吸うことができず、直接タバコ農業をしたり、市場に行って葉タバコを買ってきて吸う。工場で作ったタバコは高いだけで品質が悪く、人々は葉タバコを買って<労働新聞>をやぶった紙で巻いて吸った。

崩れた神話

北朝鮮にはこんなうわさがある。金正日が身分を隠して地方に来て、あるお年寄りと話をしたことがあったという。その時、お年寄りは懐からたばこの包み紙を取り出して、<労働新聞>でタバコを巻いて吸った。その光景を見て金正日は、“他の紙も多いのになぜ<労働新聞>で巻いて吸うのか”ときいた。お年寄りは、タバコを深く吸いこんで煙を吐き出し、“この<労働新聞>で巻いて吸うと、お腹がすっきりする”と言ったという。もちろん、実際にあったことかは分からない。

金日成の死後、金日成の代わりをして‘偉大な指導者’になった金正日の写真が、<労働新聞>の紙面を埋めたが、タバコを巻く紙が不足している北朝鮮では、<労働新聞>がタバコの巻き紙に使われていた。市場に出れば新聞紙1枚が5ウォン、紙が更に不足した農村に行けば、<労働新聞>10枚をとうもろこし1キロと交換してくれた。都市の商人は<労働新聞>の包みを持って農村に行って、食糧と交換したりした。

現実に目覚め始める北朝鮮の住民

北朝鮮の住民の金父子に対する絶対的な信仰心にも変化が起きている。金日成が死んだ後、1994年頃のことだったと思う。保衛部の責任指導員という人がタバコを巻いて吸う紙を取り出したが、驚くべきことに、金日成の肖像画がある<労働新聞>が決まった大きさで切られているではないか。

一般の住民が<労働新聞>でタバコを巻いて吸うことを統制しなければならない人が、むしろそんなことをしているというのは、事実上、事故の中でも非常事故だった。タバコの紙として切られている労働新聞を直視すると、彼も照れくさそうに話題を変えるのだった。

このように、北朝鮮は内部から確かに変わってきている。個人に対する絶対的な崇拝を強要する虚偽と捏造を、北朝鮮の住民たちは自ら悟っているし、外部世界の影響で住民たちの意識も日に日に変わっている。北朝鮮の住民はタバコの煙と一緒に虚しく消える<労働新聞>の切れ端のように、‘金日成教祖の永生’もやはり荒唐無稽な幻想だったことを悟りつつある。