韓国の聯合ニュースは2日、「北朝鮮でも度数の高い焼酎とビールを混ぜて飲む『爆弾酒』が流行しているようだ」と伝えた。

爆弾酒は、韓国の大衆が好む飲み方で、北朝鮮では一般的ではなかった。

聯合によれば、北朝鮮の朝鮮中央放送が1日、天気予報を伝える際に、「冬は体温を維持するため、エネルギー消費量が増えやすいので、食事摂取に注意が必要」と呼びかけた上で「特に酒(焼酎)にビールを混ぜて飲むと体温調整で重要な役割をする心臓、肝臓などに悪い影響を与えかねない」と指摘したという。