北朝鮮の金正恩党委員長が施政方針演説「新年の辞」で、来月の平昌冬季五輪への代表団派遣や南北当局間会合の開催を検討する考えを示したことを受け、韓国の文在寅大統領は、「平昌五輪を南北関係改善と平和の画期的な契機にしようとするわれわれの提案に前向きな反応を示した」と、歓迎の意を表明した。2日に行われた今年初の閣議で述べた。

文氏は関係官庁に、南北対話を早急に再開し、北朝鮮代表団の平昌五輪参加を実現できるよう必要な措置を取るよう指示した。

ただ、金正恩氏は米韓合同軍事演習の中止や米軍の戦略兵器の韓国からの撤収を南北関係改善の条件として挙げており、今後の交渉は難航も予想される。