北朝鮮の朝鮮労働党と国家の責任幹部が1日、金日成主席と金正日総書記の遺体が安置されている錦繍山(クムスサン)太陽宮殿を参拝した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

朝鮮労働党と国家の幹部が錦繍山太陽宮殿を参拝した。(2018年1月1日付朝鮮中央通信より)
朝鮮労働党と国家の幹部が錦繍山太陽宮殿を参拝した。(2018年1月1日付朝鮮中央通信より)

朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員の金永南(キム・ヨンナム)、朴奉珠(パク・ポンジュ)の両氏をはじめとする党と国家の責任幹部や、党、政権機関、内閣、勤労者団体、省、中央機関の活動家が参拝し、金日成・正日氏の立像に金正恩党委員長名義の花籠を献じた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。