韓国政府は29日、全羅南道の麗水港を出港した香港籍のタンカー「ライトハウス・ウィンモア」が10月19日に公海上で北朝鮮船舶に石油精製品を移し替えたことを把握し、同タンカーを11月末に調査したと明らかにした。聯合ニュースが伝えた。

北朝鮮が、国連安全保障理事会決議による経済制裁を逃れるため、違法なネットワークを駆使していることを疑わせる情報と言える。

タンカーは台湾に拠点を置く企業が使用しており、北朝鮮船に移された石油精製品は約600トンと見られるという。