北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は26日、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

康氏は19日、日本を訪問して安倍晋三首相を表敬訪問した。論評は、康氏が安倍氏に「制裁で北を圧迫するのが重要だ」と主張したことに言及し、「かいらいの内心は日本との反共和国圧迫共助をより強化しようとするところにある」と指摘した。

また、「かいらい外交部長官という康京和を日本へ行かせたのが米国だ」とし、「訪問を通じて安倍一味に再侵略野望実現の道をすっかり開けてやったかいらいの反逆行為だ」と文在寅政権を糾弾した。