また、同国の核抑止力は「反米対決戦を総決算するため」であり、「駆け引きしようとしてはならない」と述べた。

さらに、「米国が核戦争騒動に悪らつに執着するほど、与えられるものは最後の滅亡の墓だけである」と強調した。

その上で、米国に対して「政策転換を決心すべきである」とし、「米支配層は核戦争を挑発するとヒステリックな発作症状を起こすのではなく、それから招かれる自分らの悲惨な境遇と運命について理性を持って考えてみる方がよかろう」と忠告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。