北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は25日、署名入りの論評で韓国の文在寅政権が「反共和国『人権』謀略騒動」に執着していると糾弾した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

文政権は20日、国連総会が北朝鮮の人権侵害を非難し改善を求める決議案を無投票で採択したことを歓迎する立場を明らかにした。「反共和国『人権』謀略騒動」とはこうした動きを指すと見られる。

(関連記事:北朝鮮の人権侵害を非難…国連総会、13年連続で決議採択

論評は、「『人権』謀略騒動には外部勢力と共謀、結託して共和国の社会主義制度をどうにかしてみようとする凶悪な企図が潜んでいる」と指摘した。