北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は25日、署名入りの論評で韓国の文在寅政権が「反共和国『人権』謀略騒動」に執着していると糾弾した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

文政権は20日、国連総会が北朝鮮の人権侵害を非難し改善を求める決議案を無投票で採択したことを歓迎する立場を明らかにした。「反共和国『人権』謀略騒動」とはこうした動きを指すと見られる。

論評は、「『人権』謀略騒動には外部勢力と共謀、結託して共和国の社会主義制度をどうにかしてみようとする凶悪な企図が潜んでいる」と指摘した。

また、文政権は「人権を論じる資格を喪失して久しい」とし、「南朝鮮が世界最悪の人権の不毛の地、人間の生き地獄であることは内外が公認している事実である」と述べた。

その上で、「たわいない妄想にとらわれて反共和国『人権』謀略騒動に狂奔するかいらい一味に与えられるものは民心の呪いと糾弾、歴史と民族の峻厳な裁きだけである」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 南朝鮮かいらいの反共和国「人権」謀略騒動の下心を暴露

【平壌12月25日発朝鮮中央通信】25日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、南朝鮮のかいらいが外部勢力と共謀、結託して同族に反対する制裁と軍事的挑発に狂奔する一方、反共和国「人権」謀略騒動にさらに執着していると糾弾した。

同紙は、南朝鮮かいらいの「人権」謀略騒動には外部勢力と共謀、結託して共和国の社会主義制度をどうにかしてみようとする凶悪な企図が潜んでいると暴露した。

また、南朝鮮かいらいの反共和国「人権」謀略騒動は保守一味の犯罪を踏襲(とうしゅう)して北南関係をさらに悪化させる極端な対決妄動であると糾弾し、次のように指摘した。

かいらいは、すでに人権を論じる資格を喪失して久しい。

南朝鮮が世界最悪の人権の不毛の地、人間の生き地獄であることは内外が公認している事実である。

南朝鮮の残酷な人権実態は、国際社会の非難と嘲笑(ちょうしょう)の種となっている。

かいらいは恥を知るべきである。

かいらいは、せん越にも誰それをけなしてやぼに振る舞ってはならず、南朝鮮の惨憺(さんたん)たる人権実態を正す方がよかろう。

「人権」の看板を掲げて強行するかいらいの挑発的な反共和国対決策動はいかなる場合にも正当化されない。

同紙は、たわいない妄想にとらわれて反共和国「人権」謀略騒動に狂奔するかいらい一味に与えられるものは民心の呪いと糾弾、歴史と民族の峻厳(しゅんげん)な裁きだけであると強調した。---

    関連記事