「労働新聞」 金正日総書記のチュチェの革命武力建設業績を限りなく輝かしていこう

【平壌12月23日発朝鮮中央通信】23日付の「労働新聞」は金正日総書記の朝鮮人民軍最高司令官任命26周年に際して、社説を掲載した。

社説は、チュチェ80(1991)年12月24日、不世出の先軍総帥である金正日総書記を革命武力の最高の首位に高くいただいたのは祖国と人民の運命開拓において特記すべき意義を持つ歴史的出来事であったと明らかにした。

また、総書記は人民軍を最精鋭革命武力に強化して発展させ、銃剣の威力で社会主義を守って力強く前進させてきた希世の先軍総帥であるとし、次のように強調した。

    関連記事