北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は23日、金正日総書記の朝鮮人民軍最高司令官任命26周年に際して、金正日氏を「希世の先軍総帥」と称える社説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

社説は、金正日氏は朝鮮人民軍(北朝鮮軍)を強化し発展させ、「社会主義を守って力強く前進させてきた希世の先軍総帥である」とし、「先軍の道を決然と選択して不屈の革命信念と意志、無比の胆力と度胸で軍事力強化の一大全盛期を開いた」と強調した。