朝鮮女子サッカー選手たちが帰国

【平壌12月19日発朝鮮中央通信】2017年東アジアサッカー連盟E―1サッカー選手権大会で優勝した朝鮮女子サッカー選手たちが19日、帰国した。

8日から16日まで日本で行われた今回の選手権大会で、朝鮮選手たちは中国、南朝鮮、日本との試合で全て勝って優勝カップと金メダルを獲得し、2013年と2015年に続いて大会の3連勝を記録する赫々たる戦果をあげた。

今大会では、キム・ユンミ選手に2017年東アジアサッカー連盟E―1サッカー選手権大会の最優秀選手賞と最多得点者賞が、キム・ナムヒ選手に最優秀バック賞が、キム・ミョンスン選手に最優秀ゴールキーパー賞が授与された。

    関連記事