韓国のSBSは18日、脱北者で、かつて朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の特殊部隊に所属していた朴さん(26)が、北朝鮮に帰ったもようだと報じた。これを受け、韓国当局は「朴さんが北朝鮮と中国の国境地域に住む叔母に会いに行き、北朝鮮に拉致されたもようだ」との見解を示している。

SBSによれば、2014年に脱北した朴さんは、ケーブルテレビ局の番組に出演するなど、韓国社会で精力的に活動していたが、昨年の3月以降、消息が途絶えたという。また、朴さんの知人は「テレビにも出演して、熱心に大学にも(韓国で)通っていたのに、北朝鮮へ行くなど考えられない」とコメントしている。

韓国当局が「北朝鮮による拉致」との説を取るのは、実際に北朝鮮の国家保衛省(秘密警察)が、脱北者を拉致したり強制的に帰国させたりする作戦を展開していることが判明しているからだ。

(参考記事:「韓国から連れて来い!」…北朝鮮「拉致組」が狙う次なる美女たち

強制的に帰国させる方法は、本国に残った家族から本人に電話をかけさせ、戻ってくるよう説得させるというものだ。脱北者が言うことを聞いて帰国すれば罪を問われないが、応じなければ家族に危害が及ぶのである。

いま、そのような活動の最大のターゲットとなっているのは、昨年4月に集団脱北した北朝鮮レストランの女性従業員たちだろう。北朝鮮レストランの従業員にはときにアイドル並みの美女もおり、かねてから注目度が高い。

(参考記事:美貌の北朝鮮ウェイトレス、ネットで人気爆発

そんな彼女らの集団脱北は、北朝鮮当局に大きな動揺を与えた。そのため金正恩体制は、彼女らが韓国当局により「拉致された」との主張を、今に至るも続けている。

(参考記事:北朝鮮、脱北ウェイトレスたちの顔写真を公開

首尾よく彼女らを連れ戻すことができれば、国内メディアで「韓国に拉致されたのに間違いない」と証言させ、国内の動揺をいくらかでも食い止められると考えているのだ。

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記