北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は18日、韓国の文在寅大統領が13日から16日にかけて中国を訪問したことに対して、「三文の値打ちもならない屈辱外交、低姿勢外交」と非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

文氏の訪中に対しては17日付の朝鮮労働党機関紙・労働新聞も「物乞い行脚」と非難していた。

訪中した文氏は14日には習近平国家主席と首脳会談を行った。この中で習氏は、かねてから懸念を示していた米軍の最新鋭高高度迎撃システム(THAAD〈サード〉)について「韓国側がこの問題(THAAD問題)を適切に処理することを望んでいる」と述べたという。