北朝鮮の平壌で13日、第8回軍需工業大会参加者のための祝賀公演が開かれた。朝鮮中央通信が14日、報じた。

第8回軍需工業大会参加者のための祝賀公演(2017年12月14日付労働新聞より)
第8回軍需工業大会参加者のための祝賀公演(2017年12月14日付労働新聞より)

大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」型試射の成功に寄与したメンバーをはじめとする第8回軍需工業大会の参加者と国防科学研究部門、軍需工業部門、関連単位の科学者、技術者、労働者、活動家が公演を鑑賞した。

公演では、「輝く祖国」「われらは勝利者」「赤旗掲げて朝鮮は進む」「進め朝鮮 並進前へ」「火星砲の歌」「南山の青松」「われらは廃虚から立ち上がった」「われらは軍需労働者階級」「告白」「人生の栄光」などの演目が披露された。

同通信は、公演について「並進の凱歌を創作、形象化して公演の舞台を開いた」「偉大な強国の威信を格調高く謳歌した」と評した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

第8回軍需工業大会参加者のための祝賀公演

【平壌12月14日発朝鮮中央通信】第8回軍需工業大会参加者のための祝賀公演が13日、平壌で行われた。

大陸間弾道ロケット「火星15」型試射の大成功をもたらしたメンバーをはじめとする第8回軍需工業大会の参加者と国防科学研究部門、軍需工業部門、関連単位の科学者、技術者、労働者、活動家が公演を鑑賞した。

勲功国家合唱団とモランボン楽団の芸能人は、並進の凱歌を創作、形象化して公演の舞台を開いた。

歌謡「輝く祖国」で公演の幕をあげた出演者は、軽音楽と歌謡メドレー「われらは勝利者」、男声合唱「赤旗掲げて朝鮮は進む」、男声独唱と男声合唱「進め朝鮮 並進前へ」、女声重唱と男声合唱「火星砲の歌」などの演目で偉大な強国の威信を格調高く謳歌した。

不朽の名作「南山の青松」と「われらは廃虚から立ち上がった」、男声合唱「われらは軍需労働者階級」、男声独唱「告白」、女声重唱「人生の栄光」なども舞台に上がった。

公演は、観客の大絶賛を博した。---

    関連記事