北朝鮮の国連代表部は11日、国連安全保障理事会が同国の人権問題について討議したことを糾弾する公報文を発表した。朝鮮中央通信が12日、伝えた。

国連安保理は11日、北朝鮮の人権侵害状況に関する会合を開いた。会合では米国のヘイリー国連大使が、北朝鮮は自国民を搾取し、核や弾道ミサイル開発をしていると非難した。また、日本人拉致問題や脱北者問題なども議題として取り上げられた。

公報文は、「米国をはじめ敵対勢力が今年またもや国連安保理でありもしないわれわれの『人権問題』を上程、論議したのは国連憲章と国際法を無視して大多数の国連加盟国の意思に逆行する行為だ」と糾弾した。