北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は11日、米韓両軍が行った合同航空演習「ビジラント・エース」を糾弾する署名入りの論説を配信した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

米韓両軍が4日から8日まで行ったビジラント・エースには、過去最大規模となる航空機約230機が参加した。

論説は、演習に対して、「その規模と内容、形式において明白に共和国を侵略するためのきわめて挑発的な戦争演習騒動であった」とし、「今回のように膨大な武力が一度に動員された実例はなかった」と指摘した。