北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は11日、米韓両軍が行った合同航空演習「ビジラント・エース」を糾弾する署名入りの論説を配信した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

米韓両軍が4日から8日まで行ったビジラント・エースには、過去最大規模となる航空機約230機が参加した。

論説は、演習に対して、「その規模と内容、形式において明白に共和国を侵略するためのきわめて挑発的な戦争演習騒動であった」とし、「今回のように膨大な武力が一度に動員された実例はなかった」と指摘した。

また、「700余りに達する『核心標的』を先制攻撃する任務に突入する演習を昼夜にわたってヒステリックに強行した」と非難した。

つづけて、「これは、米国とかいらいが強行した連合空中訓練が『定例的な防御訓練』ではなく、わが共和国を不意に先制攻撃するための犯罪的な侵略戦争演習であることをはっきりと立証している」と強調した。

その上で、「米国とかいらい好戦狂らが侵略武力を駆り出してわれわれに反対する軍事的挑発騒動に狂奔するのは、自ら自滅の落とし穴を掘る愚行である」と警告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 米国と南朝鮮好戦狂らの軍事的挑発騒動を糾弾

【平壌12月11日発朝鮮中央通信】11日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、米国と南朝鮮のかいらいが4日から8日まで南朝鮮で強行した連合空中訓練である「ビジラント・エース」はその規模と内容、形式において明白に共和国を侵略するためのきわめて挑発的な戦争演習騒動であったと暴露した。

同紙は、次のように強調した。

今まで米国とかいらいが数多くの連合空中訓練を強行してきたが、今回のように膨大な武力が一度に動員された実例はなかった。

好戦狂らはいわゆる朝鮮半島の「制空権掌握」と「核・ミサイル施設などに対する打撃」について唱えて、まずステルス戦闘機を投入して相手の航空・対空武力を攻撃したのに続き、700余りに達する「核心標的」を先制攻撃する任務に突入する演習を昼夜にわたってヒステリックに強行した。

これは、米国とかいらいが強行した連合空中訓練が「定例的な防御訓練」ではなく、わが共和国を不意に先制攻撃するための犯罪的な侵略戦争演習であることをはっきりと立証している。

現実は、米国とかいらい好戦狂らが朝鮮半島情勢を極度に緊張させながら、わが共和国に反対する侵略戦争の火をなんとしてもつけようとするということを示している。

米国とかいらい好戦狂らが侵略武力を駆り出してわれわれに反対する軍事的挑発騒動に狂奔するのは、自ら自滅の落とし穴を掘る愚行である。---

    関連記事