北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は5日、日本の安倍晋三首相と河野太郎外相を糾弾する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、日本の河野氏が「先日、ロシア訪問を控えて行ったインタビューで北朝鮮のロケット発射が前例のないレベルの脅威だの、全ての国際共同体との協力の下で平壌が自分の政策を変えるようにすべきだのと気炎を吐いた」と指摘した。

また、フランスの経済家たちと会った安倍氏が「北のミサイルがパリも射程に入れる、国際社会で一致して圧力を最大限まで高めなければならない」と力説したとした。