北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は4日、韓国の統一省を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相が外信記者との懇談会の席上で、「北南対話に関心があるかのように言いふらした」とし、「かいらい統一部の連中はいわゆる『緊張緩和』と『分裂の痛み解消』についてけん伝し、生意気にも誰それの『共に参加』を求める醜態を演じた」と指摘した。

これに対して、「米国と共謀、結託して同族を害するために狂いたつ自分らの犯罪的正体を隠し、情勢悪化の責任をわれわれに転嫁するための鉄面皮な妄動である」と糾弾した。

また、「かいらいが飲まぬ酒に酔うというふうに『対話』云々をいくら並べ立てても、それを真に聞き入れる人はどこにもいない」と述べた。