北朝鮮外務省のスポークスマン(報道官)は2日、米国が「先鋭な一触即発の現朝鮮半島の情勢を爆発へ追い込もうとしている」と糾弾する声明を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

声明は、今月4日から米韓軍が行う合同軍事演習について、「米国の主要戦略資産である最新鋭ステルス戦闘機F22ラプターとF35を含む日本と南朝鮮の空軍基地から230余機の戦闘機と1万2000人余りの米軍兵力が参加することになる」とし、「前例のない規模で実戦を想定した連合空中訓練を行うのは、今回が初めてである」と指摘した。

これに対して、「今、トランプ一味は朝鮮半島で危険極まりない核の賭博をしながら核戦争を物乞いしている」と述べた。

また、「諸般の事実は、朝鮮半島と世界の平和をかく乱し、破壊する本当の核戦争狂信者、核の悪魔が誰なのかをはっきりと示している」と米国を非難した。