北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は11月30日、日本の安倍晋三首相を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、安倍氏が「諸国の元首に対朝鮮圧迫共助に乗り出してくれと請託したかとすれば、国際会議の舞台でも誰それの『核およびミサイル開発阻止』をうんぬんし、『北朝鮮に強い圧力を行使しなければならない』と青筋を立てた」と指摘した。

また、「安倍の腹心一味は本土の『国民感情』を自分らの不純な目的に悪用しようと共和国に対する敵対意識を不断に増大させ、戦争熱を鼓吹するための卑劣な世論謀略戦を引き続き繰り広げている」と強調した。