勲功国家合唱団、モランボン楽団、ワンジェサン芸術団の音楽舞踊総合公演が16日から26日にかけて、南浦(ナムポ)市で行われた。朝鮮中央通信が27日、伝えた。

同通信によると、公演会場の南浦市芸術劇場には、市内の工場、企業所、協同農場の各階層の人々、青年学生が集まり、連日の盛況を呈した。

公演では、「母なる党にささげる歌」「党があるので」「降仙の夕やけ」「黄金のチョウセンリンゴ山に植えた」「これ見よがしに」「黄金山打令(タリョン)」「稲刈りのうた」「豊漁歌」などの演目が披露された。

同通信は、出演者が「朝鮮労働党への千万軍民の燃えるような信頼と称賛の念を厳かな音楽世界で披露した」と評した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。