人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

東海(日本海)で実施中の米韓連合軍事訓練などの天安艦対応措置を控え、北朝鮮が1ヶ月前から兵士を対象に戦時に準じた覚悟と服務態勢を要求しており、今の情勢を『武力統一の機会』として活用しなければなければならないと主張している事が明らかになった。

北朝鮮の軍機関紙の『朝鮮人民軍』は先月16日、『白頭山銃隊は絶対に容赦しないだろう』という記事を通じて、「李明博逆賊暴言の蠢動を鋭く注目し決定的な攻撃態勢を堅持しつつ、機会が造成されれば一気に南海(朝鮮半島)の最後まで出動し、祖国統一の祝砲を上げよう」と主張した。

「謀略劇、捏造劇を策略する李明博逆賊暴言と追従者の本拠地を一掃し、民族が強盛な統一祖国を築く為の聖戦が目の前に近づいた」と兵士を鼓舞した。

軍報は「強盗の米帝と李明博逆賊暴言を、一刀両断する不屈の意志を持った兵士よ、引き金を引く決戦の時に向けて前進せよ」とした。

韓国政府の「言葉ではなく、行動で示せ」、「相応の代価を支払うだろう」との警告に対しても、「対決狂気に狂った者を階級の銃隊で無慈悲に一掃しなければならない。祖国統一の歴史的偉業を達成するためには、戦争が避けられない」と主張した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

また、人民軍の勝利の証拠として西海大戦を持ち出した。軍保は「西海事件の際にも、幻覚剤まで服用し無分別に魔黷スが、我々の引き金が無慈悲な砲撃を加え、挑発者らを戦慄させた」とした。

また、金正日は金日成が残した『祖国の統一』革命偉業を最高の任務と見なし、武力の強化に邁進していると説明した。そして、この様な武力の準備を、祖国統一に繋げる金正日の決心が確かな物だだと主張した。

「偉大な首領様が残された最も重大な革命任務であり、どんな高い代価を払ってでも、我々の代で必ず統一祖国を達成しなければならないという先軍霊将(金正日氏)の確固たる決心」と紹介した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

兵士に向け、「激戦前夜の尖鋭な情勢の要求に備え、祖国統一に向けた激動の状態に突入せよ。戦争を目の前に置いた兵士の姿勢で、精神力を最大で爆発させ戦いの準備を万全にせよ」と主張した。

    関連記事