北朝鮮外務省のスポークスマン(報道官)は22日、朝鮮中央通信の質問に答える形で、米国が北朝鮮をテロ支援国家に再指定したことに反発した。

トランプ米大統領は21日、2008年に指定解除して以来9年ぶりに、北朝鮮をテロ支援国家に再指定すると明らかにした。

(関連記事:米トランプ政権、北朝鮮をテロ支援国家に再指定

報道官は、「トランプが国連舞台でわが国家の絶滅を言い散らしたのに続いて今回、われわれに『テロ支援国』のレッテルを貼りつけたのは尊厳あるわが国家に対する重大な挑発であり、乱暴な侵害である」とした。