軍事境界線上の板門店で起きた北朝鮮軍兵士の韓国亡命に伴う銃撃事件(今月13日)を巡り、国連軍司令部は22日、当時の様子を捉えた監視カメラの映像を公開した。

公開された映像には、亡命した兵士の運転する軍用車両が猛スピードで共同警備区域(JSA)に進入(写真①)、動けなくなった車両から降りた兵士が韓国側へ向けて走り出し(写真②)、これに向けて追撃の北朝鮮軍兵士4人が銃撃(写真③)、追撃兵士のうち1人が軍事境界線を数秒間、南側に越え、再度北朝鮮側に戻る様子(写真④)などが映っている。