北朝鮮外務省のスポークスマン(報道官)は11日に発表した談話で、トランプ米大統領が「われわれをして核戦力建設大業の完成へより速く疾走するように進ませている」と主張した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

談話は、トランプ氏のアジア歴訪に対して、「共和国の自衛的核抑止力を奪い取ろうとする好戦狂の対決訪問であり、目下の『同盟国』の財布を搾り上げて米軍需独占企業を肥やしてやるための戦争商人の商売訪問にすぎない」と指摘した。

つづけて、「トランプは今回の訪問期間、世界の平和と安定の破壊者としての正体を赤裸々にさらけ出したし、朝鮮半島での核戦争を哀願した」と述べた。