北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は10日、米国に対して「非核化協商は夢も見てはならない」とする署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、トランプ米大統領と米軍部上層などが、「『北の態度変化』を導き出すためには『軍事的選択案』も準備し、国際的な『包囲封鎖』と共に『全面密着式圧迫外交』をいっそう強めなければならないと言い触らしている」と指摘した。

これに対して、「暴悪に襲い掛かる白昼強盗の前で自ら膝を屈しろということ同様の破廉恥な詭弁である」と糾弾した。