米国に再び明白に強調するが、わが共和国が全てのことを冒して血と汗で作り出した戦略兵器は決して、誰それの認定を受け、何かと交換するための駆け引き物ではなく、まさに、現在のような米国の政治的・経済的圧迫と軍事的威嚇に断固と対応するための実質的な軍事的手段であるということである。

米国が称する「予防戦争」という選択権が果たして、米国にだけあるのか。

米国が自国の地をいかなる者の攻撃も受けない天国と考えるなら、それは明白に荒唐無稽(こうとうむけい)な妄想である。