北朝鮮の金正恩党委員長は少し前、秘密警察である国家保衛省(保衛省)に対し、捜査や取り調べの過程で人民の人権を侵害するな、との指示を下したとの情報が伝えられている。

公開処刑や政治犯収容所の運営を担う保衛省は、北朝鮮国民にとって恐怖の象徴である。そしてその暴力性は、人を人とも思わない無慈悲な冷血さに由来している。

そんな組織に対して「人権に配慮せよ」などと命じたら、恐怖政治が骨抜きになり、金正恩体制は土台から揺らいでしまうのではないか。正恩氏は本気で、人権問題と向き合う気でいるのか。

(参考記事:謎に包まれた北朝鮮「公開処刑」の実態…元執行人が証言「死刑囚は鬼の形相で息絶えた」

もしそうなら歓迎すべきことだが、やっぱりそうではないらしい。