北朝鮮の朝鮮中央通信は7日、「百勝に輝く朝鮮革命の歴史は自力自強で切り開かれ、前進し、勝利してきた歴史であった」とする記事を通して、金正恩党委員長が新年の辞で打ち出した「自力自強の偉大な原動力によって社会主義の勝利の前進を早めよう!」というスローガンを強調した。

記事は、「朝鮮は20世紀の前半期に千古の密林で素手で延吉爆弾を作って強盗さながらの日帝を撃滅し、3年間の過去の祖国解放戦争(朝鮮戦争)で米帝とその追随勢力を撃退して国の自主権を守った」と指摘。

さらに、「昨年、朝鮮は地球観測衛星『光明星4』号を成功裏に打ち上げ、ついで新型の静止衛星運搬ロケット用大出力エンジンの地上噴出試験を成功させることによって世人を驚嘆させた」と強調した。