北朝鮮軍「食い物の恨み」で現場の士気がダダ下がり

北朝鮮の金正恩党委員長は、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の第380大連合部隊の視察を行なったと、先月25日の朝鮮中央通信が報じた。

(関連記事:金正恩氏、北朝鮮軍「第380大連合部隊」の指揮部を視察

自分の所属部隊が最高司令官である金正恩氏を迎えることは指揮官はもちろん、末端の兵士にとっても、本来なら非常に名誉であるはずだ。しかし、どういうわけか現場の士気はむしろ下がっていると両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋が伝える。

北朝鮮軍では既に毎年恒例の「冬季訓練」がはじまっている。数ヶ月続く厳しい訓練だけあって、開始前にはごちそうが出されることが恒例となっていた。