北朝鮮「核惨禍をもたらすTHAAD配備を絶対に許してはいけない」

北朝鮮の朝鮮平和擁護全国民族委の代弁人(スポークスマン)は15日、韓国の「THAAD」配備を絶対に許さないと主張する談話を発表。同日、朝鮮中央通信が報じた。

談話は、「南朝鮮に『THAAD』を引き込むからといって破滅の終着点に至った米国の運命とそれにしがみついている朴槿恵一味の境遇において変わるものは何もない」と指摘。

さらに「天下非道な政治的・軍事的挑発によって招かれるのは、最終的破滅につながる無慈悲な核洗礼だけであるというわれわれの警告を逆賊一味は心に刻み付ける方がよかろう」と主張した。

そのうえで「この地に恐ろしい核惨禍をもたらす朴槿恵一味の『THAAD』配備強行策動を絶対に許してはいけない」と警告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。