悲惨!北朝鮮「森林レンジャー」、盗伐団に相次ぎ惨殺される

北朝鮮の山はハゲ山だらけだ。1976年10月の朝鮮労働党第5期12回全体会議で採択された「自然改造5大方針」に基づき、大々的に山を切り開き、国中に段々畑を作ったためだ。

保水力を失った山からは大雨のたびに土砂が流出し、大規模な水害を引き起こし、農場に壊滅的な被害を与えた。それが90年代後半の大飢饉「苦難の行軍」の一因となった。

ハゲ山の原因はそれだけではない。苦難の行軍に配給システムが崩壊、食糧も燃料も配給されなくなったため、人々は畑を作るために、また薪を集めるために、山の木を切ってしまったのだ。

鎌で殺害

金正恩党委員長は、木の伐採を禁止し、個人耕作地を没収し、苗木を植える「山林復旧戦闘(森林造成事業)」を大々的に進めている。しかし、現実を無視した強引なやり方が、様々な問題を引き起こしている。山林監視を行う山林保護員(森林レンジャー)が殺される事件が相次いでいるのだ。