ウェイトレスは、彼が韓国人とわかったのか「そんなことを知ってどうするつもりか」「食事に来たんだったら、さっさと食って出て行け」などと、今までは考えられない反応が返ってきたというのだ。

「彼女たちは、今までならちょっとキツ目の冗談を投げかけても、笑顔を忘れず、客の気分を害さないようにうまく返していたのに、すっかり態度が変わってしまっていた」(駐在員)

韓国から客が来れば、北朝鮮レストランに連れて行くという丹東在住の韓国人ビジネスマンも、女性従業員の態度の変化に困惑している様子だ。

「食事を終えて帰ろうとすると『またどうぞ』と外まで見送ってくれていたのに、今ではそういう光景も見られなくなった」