北朝鮮レストラン、韓国人客に冷たい態度…南北対立の影響か

韓国政府は、北朝鮮の核実験、ミサイル発射に対抗する制裁の一環として、自国民に中国に多く存在する北朝鮮当局経営のレストラン、通称北レスの利用を自粛するように呼びかけている。さらに、国際社会の経済制裁や米韓合同軍事演習などで、北朝鮮を取り巻く情勢は緊張の度合いを増している。

そのせいか、北朝鮮レストラン従業員の韓国人客に対する態度がガラッと変わったと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

「食べたらさっさと帰れ」

韓国企業の北京駐在員は、3月6日に遼寧省の丹東にある北朝鮮レストランを訪れた。レストランの北朝鮮ウェイトレスは、先月まではニコニコしながら親切にサービングしてくれていた。ところが、駐在員が、気をかけて「最近商売はどうか?」と女性従業員に尋ねたところ、これまでとは違う態度を見せたという。