朝鮮人民軍 海外戦記/中東編(4)

北朝鮮空軍の戦闘機パイロットをエジプトに呼び寄せることについて、参謀総長のシャーズィリーが国防大臣であるアフマド・イスマイル・アリを説得するのは難しくなかった。アリは、シャーズィリーにサーダート大統領から許可を得ることを要請したが、それは数日で得ることができた。

一方、北朝鮮人民武力部副部長の張正桓は2週間後にエジプトを再訪し、金日成の同意を得ることができたことを伝えてきた。同時に、シャーズィリー自らが北朝鮮を公式訪問し、パイロットたちと直接接見して欲しいと要請した。ちなみに、張正桓のエジプト再訪については当時、北朝鮮では報道されておらず、その行程は詳らかでない。

【連載-3-】金日成を対イスラエル参戦に動かした北朝鮮「元学校教師」の履歴書

シャーズィリー
エジプト軍参謀総長として第4次中東戦争を指揮したサアドッディーン・シャーズィリー

シャーズィリーは1973年4月2日、エジプトを発ち平壌に向かった。途中、上海に立ち寄り、平壌に到着したのは4月6日であった。