人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

2010年初め、黄海南道(ファンヘナムド)に駐屯する朝鮮人民軍(北朝鮮軍)第4軍団のある師団長の専用車が、軍総政治局の会議に参加するため平壌に向かっていた。中国製の新型SUVを与えられて上機嫌だった師団長は、運転兵に「飛ばせ」と命じ、前方のクルマを次々に追い越した。

しかし運悪く、その中に金正恩氏が運転するメルセデスベンツのS600があったのだ。

翌日、軍総政治局の会議場に、その師団長の姿はなかったという。軍事行政トップである人民武力相のささいな言動に激高し、文字通り「ミンチ」にして処刑してしまう正恩氏の気の短さを考えれば、師団長とともに運転兵までもが悲惨な末路を辿ったであろうことは想像に難くない。

(参考記事:玄永哲氏の銃殺で使用の「高射銃」、人体が跡形もなく吹き飛び…

これと似たようなエピソードは、ほかにもある。

(参考記事:北朝鮮の高速道路で「金正恩氏の愛車」に道を譲らないとどうなるか

いまも生死の境をさまよっている今回の亡命兵士は、追手が雨あられと銃を乱射する中、徒歩で軍事境界線を突破している。どれほどの危険が身に迫れば、そこまでの行動に出られるものなのだろうか。

高英起(コウ・ヨンギ)

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記

    関連記事