告発状は、「朝鮮半島に険悪な核戦争の危機が生じたのは米国の北侵核戦争騒動に積極的に加担してきた歴代かいらい支配層にも大きな責任がある」と韓国も糾弾した。

その上で、「米帝が核兵器で朝鮮民族を威嚇、恐喝していた時代は永遠に過ぎ去り、われわれの核抑止力は米国の侵略と核戦争策動が完全に終息する時までいっそう強固に打ち固められるであろう」と主張した。

    関連記事