さらに、「米国は自分らの核戦争野望を抑止するわれわれの核戦力強化措置を『世界的な脅威』と罵倒しながら、朝鮮半島を『限定核戦争』構想の実効性検証のための初の試験場につくろうとしている」と強調した。

その上で、「わが国家は強大な核先制攻撃および反撃能力を兼備した世界的な核強国である」とし、「わが共和国を先制攻撃するための『限定核戦争』がむしろ、悪の帝国の最後の終えんを早める自滅的な選択になるだけだということを知らないところに米国の悲劇がある」と述べた。

    関連記事