さらに、安倍晋三首相が憲法改正を目指していることなどに対して、「日本が『戦争を否定』する国家から『戦争が可能な国家』になって『先制攻撃』を含む全ての戦争の準備を終えるということを宣布したことにほかならない」と指摘した。

そのうえで、「われわれの近くで朝鮮を誰よりもよく知っていると唱える日本は、自分の斧に自分の足が突かれるという朝鮮のことわざを常に忘れてはいけない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事